全身脱毛完了の道は険しかった

全身脱毛を受けようと思ったのは、会社の先輩が体毛も毛穴もない素晴らしい素肌をしている理由を聞いたのがきっかけでした。
先輩に紹介されたサロンで、社会人二年目の私は全身脱毛を受けることを決意しました。

1.きれいな店員さんにカウンセリングを受け、契約

お店は横浜駅から徒歩5分の場所にあり、とても明るく清潔感のある雰囲気でした。
予約した時間に行くと、美人な店員さんが出迎えてくれました。
挨拶もそこそこに、カウンセリングを受けます。
脱毛の仕組み、方法、毛が生え変わるサイクルなど細かく説明いただいた後で、具体的な料金プランをもとにどこを脱毛するかを決めました。
脇、ひざ下、ひじ下のみのつもりで行ったのですが、説明とキャンペーン価格について聞くうちに他の気になる部分もやりたくなってしまい、
脇、ひざ下、ひじ下、うなじ、背中、鼻下、眉間を受けることに決めました。
総額約50万円。予算内の契約でした。
次回の予約を取り、その日はカウンセリングと契約だけで帰途につきました。

2.予約は一度キャンセルすると後悔する

初めての予約を取った日、生理を避けたつもりが生理の日に直撃してしまいました。
脱毛は生理日には受けられません。
電話で変更の旨を伝えると、なんと1ヶ月先まで予約がいっぱいだそうで、仕方なく予約日を1ヶ月先にずらさせてもらいました。
その後も何度か予約の変更はしましたが、すんなり予約できたことはなく、必ず1ヶ月くらいは先になってしまうのでいったい私の脱毛はいつ終わるのか、不安になりました。
全身脱毛完了の道は険しかった

3.全てはきれいになるために

予約が取れて、待ちに待った脱毛を受けることに。
全裸になり、上からバスローブを羽織ります。
担当の方が施術箇所のシェービングをしてくれた後でいよいよ脱毛を受けます。
一度目のフラッシュを受けた時、その痛みに驚きました。
ちくっとする一瞬の痛みなので耐え切れないことはないのですが、きれいになることをモチベーションに歯を食いしばって耐えました。
痛みが予想される場所は、事前にお店の方が「ちくっとしますよ」と言ってくれたので心構えもできました。
ただ、エステのように横になって受けるもののうっとりと眠くなることはありません。

隣の部屋から「痛い!」という悲鳴が聞こえたこともありました。
女性の美に対する努力って本当にすごいと思います。

4.結局終わらない

脱毛には3年通い、合計20回の照射を受けました。
結論から言うと、完了はしませんでした。
少し毛が薄くなったくらいです。
契約時に終わらなかった場合の追加について説明もうけていましたし、納得はしていたのですが、期待はずれ感は大きかったです。
結局気持ちが萎えてしまったのと、妊娠をしたことでサロンに通うことは止めました。
20回、3年間、50万円でも終わらず。
個人差はあると思いますが、脱毛完了の道のりは私にとってあまりに険しいものでありました。

コメントを残す

このページの先頭へ