医療クリニックでレーザー脱毛Part2

小さい時から、毛深く小学生のころは、よく毛のことで、男子にからかわれていました。
カミソリで毛を剃りたいと親に話しても、「剃ったら、もっと太い毛が生えてくる」「皮膚に悪い」と言われ、毛を剃ることに反対されました。
それならばと、親に内緒ではさみでカットしていましたが、拉致があかず。
除毛クリームを使っていましたが、もともとアトピー体質であったため、軽いやけどのような感じで、傷が残りました。
小学校の高学年になると、カミソリを使って処理し始めましたが、やはり、肌への負担は相当なもので、かゆみをともなったり、傷ができたりで、ボロボロでした。

医療機関で脱毛ができるというのを聞いてはいましたが、アトピー体質の私には向いていないと思い、足を運びませんでした。
しかしながら、周りの友達が次々と医療機関で脱毛し始めて、私も行ってみたいと思い始めました。
そこで、まずは、無料のカウンセリングを受けました。
私が行ったクリニックは、大変落ち着いた感じの雰囲気でした。
スタッフの方も、腰の低い、柔らかい感じの方でした。

にこにこと感じの良いカウンセラーの方から、アトピーの人こそ、医療機関で機械を使って脱毛するべきだと言われ、目から鱗でした。
カミソリで処理することは、毛だけでは、表面の肌も一緒に剃ってるということ、肌への負担が大変大きいということ、剃っても剃っても終わりがなく、一生剃り続けなければならないということを教えてもらいました。
反対に、医療脱毛でのレーザー脱毛は、毛根を直接焼くことによって、毛を生えにくくさせ、1年に6回受ければ、気にならなくなると言われました。肌への負担も少なく、つるつるな肌になると言われました。
カミソリ処理とお別でき、さらにつるつるな肌になれると聞き、半神半疑ではありましたが、やってみることにしました。

私が脱毛した個所は、膝下です。
本当に男の人なみに剛毛で、ストッキングからもはみ出ることがよくありました。
最初、ゴムをはじいたような痛さという説明を受けていました。
ゴムをはじいたような痛さ、かなり痛いんじゃないかと怯えていましたが、そこまで痛くありませんでした。
この痛さに我慢すれば、ツルツルのお肌になれると思っていたからかもしれません。
ただ、レーザーは黒いところに強く反応するので、膝小僧のあたりは、少し、痛みを感じました。
私は、1年間の契約でした。
1回目、2回目はそれほど効果を感じませんでした。
たしかに、レーザーをして、数日すると、毛がボロボロ抜けるのですが、またしばらくすると生えてきます。
そうして、気づけばいつもと同じように剛毛な毛が。
しかしながら、3回目、4回目になると、毛が生えるのが遅くなり、しかもまばらに生えてきます。
そして、5回目、6回目になると、本当にあの毛深さはなんだったんだろうと思うほど、生えてこなくなりました。
よくよく見ると、細くて薄い毛が何本か生えてはきていますが、まったく気になりません。
本当に、お肌はつるつるです。
自己処理など必要ありません。
どうして、早くレーザー脱毛をしなかったのか、大変後悔しました。

コメントを残す

このページの先頭へ